TEL 0426-51-4783
FAX 0426-51-8474                                        

 ケミカルアンカー基礎工事
     ケミカルアンカーを用いた基礎工事の紹介です。

      
 
KB−60 タワーベース
(クリエートデザイン製)

一辺60cm、KT-Cシリーズ用。フランジにはφ12のアンカーボルト固定用の穴が各4個所開いている。

他にも一辺100cm、KT-Rシリーズ用のタワーベースも用意されている。
アンカーボルト

左が24mm、右が16mm径のアンカーボルト。(右端はサイズ比較用に置かれた車のキー)

フランジの穴径に合わせたボルトを用いる、今回はフランジを加工して16mmのボルトを使用。(トップのダブルナットは回転させながら打ち込む時のヘッドとして使用)

引張耐力は12mmの物でも45平方cmの付着面積に対して4トン以上ある。

ドリル


タワーベースや補強金具(特注)の位置合わせをしながらアンカーボルト用の孔を掘る。




ケミカルアンカー用アンプル

このケミカル材によりコンクリートとボルトの接着が保たれる。
ボルト径によりアンプルのサイズは異なる。ボルトより先に孔に入れ、ボルトの圧入によりアンプルが割れ、ケミカル材がボルトの周囲に行き渡る。

アンテナベースの仮置き


ケミカルアンカー施工前にアンテナベースを置いた状態。この例では最初のアンテナ基礎を施工後に、駐車場として化粧コンクリートを打ったため、周辺のコンクリートを剥がしている。一体化した基礎が見えている場合にはその上に直接ベースを置くことも可能。

                                   
  
  
 
 
 
  
          に続く